Tuesday, February 23, 2021

無知な「専門家」に騙されない子育て

聖書朗読 ルカ2:21~52 40節 幼子は成長し、強くなり知恵に満ちていった。神の恵みがその上にあった。 Merry Christmas! 一年中お祝いするべき出来事です。ルカ2章前半はキリストの誕生の話しです。今日の聖書朗読は2章の後半で、幼いイエス様のいくつかの出来事が書かれてます。イエス様は罪を犯せなかったので、確かに育てやすい子どもだったと言えます。私たちの子どもと私たちも罪人なので、同じ程はできないかも知れませんが、それでも神様が喜ぶ子育てのためのヒントが2章にあります。 クリスチャンはイエス様から見習う者になるべきなので、幼いイエス様からでも見習いましょう。成長すること。強くなること。知恵に満ちること。この3つはどの親でも子どもに期待しています。ただ、今の子どもの「専門家」のアドバイスに従うと、この3つは無理です。無責任な弱い、自己中心の子どもが出来上がります。どうやって、知恵ある成長している強い子どもが育つのか?神様の恵みによります。そして、聖書、聖書、聖書!幼い時から聖書を教えることのみです。時代が変わっても、変わらない聖書を握り、神様の価値観で子育てしましょう。 © LINE Corporation 規約とポリシー

Saturday, February 20, 2021

不可能をなす神様

聖書朗読 ルカ1:1-38 37節 神にとって不可能なことは一つもありません。 多くの人は聖書に書いてある様々な奇跡等を読むと、「それは無理やろう」とおとぎ話かのように受け止めます。その一方、お化けの様なものが見えないのに、普通にその存在を信じたり、子どもに教えます。「八百万の神」を信じる方が有り得ない。聖書が教える真の神、唯一の神様を信じ、神様の偉大な力を信じ、神にとって不可能はないと信じる方が簡単だと思います。 処女マリヤが妊娠すること、お年寄りのエリザベツが妊娠すること、そして今、この街での奇跡、全て有りです。 どんな奇跡を祈りますか?病気の癒やし、人の救い、経済的な満たし?祈りましょう

Friday, February 19, 2021

隠れていた信者

 聖書朗読 マルコ15章42節から16章20節

43節 アリマタヤのヨセフは、思い切ってピラトの所に行き、イエスの体の下げ渡しを願った。ヨセフは有力な議員であり、自らも神の国を待ち望んでいた人であった。

ヨセフは隠れ信者だったということで有名です。イエスの弟子になっていたが、公にはそれを周りに告白していないと思われます。しかし、他の弟子たちが去って隠れていたのに、ヨセフは「思い切って」ビラトの所に行きました。彼がイエス様をお墓に葬らなかったら、どうなっていたんでしょうね。すべて時があります。今日はもしかしたら、私たちが「思い切って」主のために証する日かもしれません

Thursday, February 18, 2021

イエス様が父に見捨てられた

 聖書朗読 マルコ15章1~41

34節 そして、3時に、イエスは大声で、「エロイ、エロイ、ラマサバクタニ。」と呼ばれた。それは訳すと、「わが神、わが神。どうして私をお見捨てになったのですか。」という意味である。

私たちが里親になり、今まで経験したことがなかった様々な複雑な気持ちを経験するようになりました。実親を責めてはいけないと思いながら、やはり「なぜ自分の子どもを手放せるのか」と不思議に思う時があります。

イエス様は御父に捨てられのは間違いありません。これは事情があり子どもを手放すないといけない親のようにではなく、世を深く愛しておられからの行動です。十字架に掛かるまでのその日のイエス様が経験した苦しみ、そして十字架の苦しみはどんなに辛かったのか?それはすべて私のためでした。御父もイエス様を愛し、私達を愛しているからの十字架でした。

感謝します。

Wednesday, February 17, 2021

眠くてどうしようもない時

 聖書朗読:マルコ14:32-72  

40節 そして、また戻って来て、ご覧になると、彼らは眠っていた。ひどく眠けがさしていたのである。

先週の集会後の食事時に、時差ボケの話になりました。経験してない兄弟姉妹が時差ボケはどんな感じなのかを聞いていました。弟子たちはイエス様が捕まる直前に何と、寝てしまった!とにかく眠い!イエス様が一人で祈るために離れた場所に行き、戻ってくると毎回弟子たちが寝ていました。もちろん時差ボケではなかったが、いろんなことに対する不安や緊張感があり、大変疲れていたのではないでしょうか? 私は花粉症の薬でこの「とにかく眠い」というどうしようもない眠気がよくわかります。昨日は運転中に2回、赤信号で昼寝してしまいました。寝て良い時といけない時がありますね。霊的にはどうでしょうか?霊的には違いますね。寝ていい時がありません。 「目をさまして、正しい生活を送り、罪をやめなさい。神についての正しい知識を持っていない人たちがいます。」第一コリント15.34 

目を覚まし、主をほめる一日となりますように。

Tuesday, February 16, 2021

自分が強いと思っても。。。

 聖書朗読 マルコ14:1~31

31節 ペテロは力を込めて言い張った。「たといご一緒に死なければならないとしても、私はあなたを知らないなどとは決して申しません」皆のものもそう言った。

固く立つつもりであっても、目の前に試練があると、楽な道を選び、倒れてしまう経験はどのクリスチャンでも経験はあるでしょう。自分が強いから大丈夫だと思わないで、自分の弱さを認めたほうが勝利への道ではないでしょうか。

べテロはこのすぐ後に、「知らない」と3回もイエス様を否定しました。自分の弱さを赦し、私たちを強くしてくださるイエス様に感謝して、今日を生きましょう。

Monday, February 15, 2021

簡単に壊される立派な建物

 マルコ13章

1.2節 イエスが、宮から出て行かれる時、弟子の一人がイエスに言った。「先生。これはまあ、なんとみごとな石でしょう。何と素晴らしい建物でしょう。」すると、イエスは彼に言われた。「この大きな建物を見ているのですか。石が崩されずに積まれたまま残る事は決してありません。」

私は何度も言った事があります。都会に行き、狭い土地に立派な建物の工事を見る度に「すごい」と感動します。技術が進んでますので、機械を使い工事を簡単にできます。でもイエス様の時代は手作業がほとんどで、弟子たちが神殿を見て感動するのはおかしくありませんでした。

どんなに高級なブランド物、立派な建物でも、すべて目で見える物はいつか朽ちることになります。多くの人が欲しがる物は、いつか腐ったり、ボロボロ価値のない物になります。

神様が大切にしているのは、人の魂です。今日は仕事があることを感謝し、頑張りたいです。日常の必要な物の備えのために働きますが、神様を知らない人たちの様に、必要以上な空しい朽ちる物を追いかけることなく、他人とは違う価値観を持ちながら生活します。そして、彼らの魂の救いのために祈ります。